×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オールドノリタケはアンティーク調が特徴です

オールドノリタケについて

オールドノリタケという食器ブランドがあるのですが、これはアンティークの販売などを行っているノリタケのブランドです。火鉢、壺など、オールドノリタケには、ここにしかないようなアンティーク製品も登場してきているのが大きな特徴ですね。
このオールドノリタケは、豪華なアンティーク調の製品が多いのが大きな特徴となっていて、国産アンティークコレクターズガイドなども出版しているほど、アンティークと身近にあるブランドとなっているのです。
そんなオールドノリタケですが、アンティーク調のコーヒーカップなども発売されており、年代ごと、さらには技法からも検索して選んでいくことができます。
オールドノリタケを見れば、そこには素晴らしいノリタケの技法を見ていくことができるでしょう。その年代は、1911年〜1940年代まで多岐に渡ってきており、それぞれでノリタケの歴史を感じていく事もできるでしょう。
アンティークが理解できる人ならば、このオールドノリタケがどれほどのものであるか、よく理解できるはずです。

オールドノリタケのカップについて

オールドノリタケ(noritake)にあるものは、製品として販売されているノリタケのカップとは一味違う、オールドノリタケにしか実現できない、アンティーク調の食器にあるのではないでしょうか? このオールドノリタケでは、火鉢、壺などもあって、いかにもアンティークというものを存分に感じていくことができるでしょう。
オールドノリタケならではの裏印も施されているのも、ワンアクセントあって良いのではないでしょうか?
オールドノリタケには、ただアンティークばかりではなく、果実型など、少し遊び心のあるものもあります。
そしてオールドノリタケはやはりアンティークとして、最高の品質である、金彩塔のある風景ティーカップなども発売されており、これは本当に金で作られているために相当のお値段となってしまいますが、オールドノリタケの品質を知っている人にとっては、どれだけの価値があるのかは、良く理解できる事でしょう。
オールドノリタケならではの品質を、これらのカップから感じていってはいかがですか?

オールドノリタケの特徴

オールドノリタケ(noritake)は、アンティーク調のデザインを主流として展開しているブランドです。実際、このオールドノリタケでは、古くから使われてきたデザインのみを取り入れているために、クラシカルながらも、デザイン性にも富んでいるのが大きな特徴となっています。
そんなオールドノリタケ(noritake)では、1800年代から続く、美術館級とも言われる技法の製品、花瓶なども発売されており、オールドノリタケでしか見る事が出来ない、アール・ヌーヴォーも注目されているのです。
しっかりとこのオールドノリタケの花瓶には、裏印も施されているので、本物を安心して購入していくことができるでしょう。
値段こそ、非常に高価なものとなっているのですが、ティーセットなど、このオールドノリタケでしか買う事はできません。
アンティークならではの本物の価値を、是非手にとって感じてみたいと言う人は、このオールドノリタケ、注目の存在と言う事ができるでしょう。